Long の筈が・・・

さて、休みはどこ走ろう??などと考えていると同僚からメッセージが来る。

「明日、Tさんと五日市方面で乗るけどいかがっすか?」的内容。自走してけばロングも出来るし山練もできる。11時に武蔵五日市駅に集合とのこと。

喜び勇んで参加メッセをし仕事に励むも、前日ハードに追いこんで喉を痛めたせいか喉の奥が痛くクシャミが連発する風邪か?? やばし!! 翌日起きた際の体調次第で決めよう。

警戒してた風邪では無かったようなので8時に出発、通勤ロードを走り多摩サイを二子玉川へ向かう。

桜は散ったが沿道には花が咲き乱れる、初二子玉のジャイアントストア。凄いロケーションにあるなぁ〜 ちょい先のグランドにて待ち合わせ。

9時半に隊長がやってきた、平地も坂道も速いオールラウンダー!!

彼からは走り方や機材の事など色々教わっている。師匠である。

隊長「ゆるぽたなんで、軽く行きましょう(笑)と言っている

だな!!と俺は感じていた。

彼とは何度も走っているが二人になると毎度毎度全開走行になり、足が攣る、落車する、オールアウトするを繰り返してきた。

前日届いたばかりのコンパクトギアと少し短くなったクランクの踏み具合が良いとの事。

ともあれ集合場所へ目指し走り出す、そこそこのペースで巡航。途中新しくサイクルステーションがオープンしていた。廃校になった校舎を利用し地元のロードレースチームが運営しているらしい。カフェやシャワーがあるので便利そう。

Ysロード隣のカフェが閉店してしまっていたので途中の多摩サイでの新しい休憩ポイントになるかも。

mytRDOTbRj2Fbo05H+iXFQ

3時間もあれば着くだろうなどと考えて居たが70km近い距離はさすがに厳しかった。10分程遅くれて到着。

仲間内では山神と呼ばれているTさんと合流。

山が近いとあきる野市に居を構え、近所の山を登りまくっている。

ヒルクライムでタイムばかり気にする自分に

「のんびり綺麗な景色を見るのが好きなんです〜」

と違う観点でヒルクライムの楽しさを教えてくれた山師匠。

と言いつつニコニコと笑いながらハイケイデンスで激坂を登っていく・・・・

 

楽しみにして居た五日市駅のパン屋も閉店していたのでセブンイレブンへ移動、補給をしながら近況報告などをし出発。山神にルートを任せ奥多摩方面へ。

気温が少し寒いせいか途中途中に桜が咲いている。登り基調でも結構なペース(笑)

何か大規模な工事をしているのか異様にダンプが多く路肩が狭い場所だと怖い。

吉野街道を奥多摩へ

初めて来た場所ながら、なんか見た事ある気がする。記憶を辿る。

あ〜出川哲郎の充電バイクの旅で通ったルートだ、小池知事と立ち寄ったかんざしの記念館を見て思い出した。

道の広さと田舎具合は房総の山とあまり変わらないが車は100倍走っていて、こじゃれたカフェやらレストランが100倍ある一大観光地なのだ。痩せても枯れてもこの地は東京都なのだよ。

御嶽のロープウェイの看板を抜けしばらくすると隊長の自転車から甲高い金属音と小さな悲鳴が!!

昨晩取り替えたクランクに合わせてチェーンをカットしてなかったのでジョイントが外れてしまったとの事。来た道を歩き落ちたジョイントを探す。

奇跡的にオスメス両方見つけたので仮繋ぎをし自転車屋に向けて下山。水曜日ということもあり近隣の自転車はどこもお休み。

空いて居た青梅駅周辺の自転車屋に寄るも10速までしか対応出来ないと言われる・・・い、今時10速までって・・・

線路を渡る際斜めの線路にタイヤが落ちて落車!!愛機初落車!!!

左足を車体に挟み込み車体は無事、代償に左足スネと尻の左側打撲、ズキズキと痛む。

幸い足は動くので某●サヒ自転車を目指す。以外と遠い、しばらく走っていると300m先に看板発見、信号で止まると真横に別な自転車発見。ロードも取り扱っている大きめのお店なので修理ができそう。チェーン交換をお願いをする、1時間の工程との事。補給と休憩を兼ね向かいのくら寿司にて昼食。

注文するものがハンバーガーやら味噌ラーメンなど回転すし屋とは思えないラインナップで腹を満たす。

腹は満たされ幸せ気分、が転んだ際の左足が腫れてきて痛い。ここまですでに95km、まあいい距離だわ。

という事であまり走って居ないTさんには申し訳ないがそのまま多摩川へ向かい帰宅と相成った。多摩川サイクリングロードの最上部であろう道を3人で進む。

 

5月の連休明けに、この3人➕ビッグオージーと自走にて草津〜渋峠〜軽井沢〜軽井沢グランフォンド参戦〜自走にて帰宅というクレイジーな企画を遂行する予定。道中にてトラブル発生もあり得るので携帯版のチェーンカッターを買おう、あとディレイラーハンガーも。ハルヒル前の走り込みになるかな〜笑 体調崩さなければ良いが・・・・

途中Tさんと別れ隊長と走る。足を痛めているにも関わらず隊長の鬼引き。富士スプリングに二人で参戦予定なので良い練習だ。アドレナリンが出て来てるのか足の痛みを忘れた。

二子玉手前で隊長と別れ一人帰路。さすがにハンガーノック気味になったのでコンビニで補給。

いつも通勤ロードを走るが、さすがプロペルは速い!!100km以上走っているのに計測ポイントにて最速を叩き出す(笑)

スクリーンショット 2019-04-19 23.06.05スクリーンショット 2019-04-19 23.06.38

新しいシートは痛みなく乗れたがエアロフォームに腕が窮屈なので少し後ろにする必要があるようだ。

シューズは問題なし一切の圧迫なく乗れる、若干サイズが大きいのが気になるが快適なので良しとしよう。

色々と勉強になるツーリングだった。

bikeport R.R Iso

八ヶ岳ヒルクライムレース 春だよね?

4月最初のヒルクライムレース、八ヶ岳ヒルクライムレースに参戦。

昨年に続き2度目となり、ヒルクライムレース初参加となる色々と思い出多き大会である。

昨年は野辺山に宿を取り参戦したが、今年は中部横断自動車道が佐久から伸びた事もあり関越経由にて行ってみた。前日受付するので現地の八千穂高原スキー場に9時過ぎに到着、駐車場には誰もおらんので、まさか!!

と思いスケジュールを確認すると受付は13時からだった(笑)

駐車場入り口を除雪していたおじさんに

俺「スキー出来ますね〜!!」と声を掛けると

おぢさん 「リフト動かしますか!!(笑)」「積雪50cm(笑)」と答えてくれた。

 

仕方が無いので周辺を軽く散策がてら練習ライド、嫁も付き合わせ登る。

まあ先日降った雪が路肩に残りまんま冬景色。季節感なし。比較的暖かいが気温は5度前後、路肩の雪が溶け出し要所要所に水溜まりあり。

足は軽く良い感じ、パワーも上がるし寝不足ながら調子は良さげ。タイヤを23にしてくれば良かったかな〜と後悔。

400w超えを30秒を1本、あとは軽く流すサイクリング。

フルコースはスキー場の先、冬季通行止先の麦草峠まで。昨年は風雨による悪天候のためハーフコースとなったが今年は大丈夫そう。18時にコース状況によりアナウンスがある模様。

一旦駐車場に戻り、コーヒーブレイクをして時間を潰す。真冬の景色。

天気は最高。空気は澄み渡り景色も良し、満足。受付時間が近づくと人が集まり出した。

一番に受付を済まし、スキー場にてパチリ。麓の日帰り温泉にて食事をしノンビリと過ごし長野での御用達のBIGで買い物をし蕎麦を食べ就寝。

道の駅にて寝始めたが深夜に地元のヤンキー達が駐車場にて大はしゃぎ。このクソ寒いマイナス気温の中、外に出てくるなんて根性あるな〜!!寒さも合わせ眠れずに静かな場所に移動。

BikeportのKさんのご実家がスタート地点のすぐ近くなので駐車場を借りる予定だったが早朝なので気が引け大丈夫だと言われていたが、ご自宅に乗り入れる勇気もなく、指定されていた駐車場に移動。ローラーにてアップをしスタート地点と改めてご実家にご挨拶。

昨年、初参加だったヒルクライムレースでペースも分からずガムシャラに走った。途中雨にやられ、すね毛ボーボーのフラットペダルにスニーカーのおぢさんに千切られ、ズブ濡れで下山をし死ぬ寸前まで凍えた思い出多い大会である。

年齢別のFカテゴリーに並ぶ、早めに待っていたせいか先頭に近いポジションになってしまう。周りを見渡すとTIMEやらYonexのフレームにLightweightという至高のカーボンホイールを装着したガチ勢の人たち。(中古のスズキエブリィが買えます)ブレーキも軽量化されとる。そそくさと2列目、3列目と下がる(笑)

作戦は特なし、心拍を注視しながらペースを守りゴールを目指す。スタート時間が近づき偉い方々の挨拶に続き、浅田さんの関西弁がスピーカーから流れる。

会話から残念ながら短いが!!というフレーズが出てくる??

隣の人に聞くと路面凍結の危険の為、ハーフコースとなったとの事。ホームページになんの記載も無かったのでフルコースだと勘違い。聞けばツイッターのみで告知されたらしい。(知らんがな)

うーぬ、短くなって嬉しいやら悔しいやら。昨年のタイム更新!!50分切り!!で行こう。

チャンピオンクラスから順にスタート。9時6分にFがスタート。隣いた背の高い外国人選手が前にするするする〜と前に上がり先頭グループを牽引。

300w〜400w近く25キロ前後のスピードで駆け上がって行く。このペースならと集団に入りついて行く。10分を過ぎた辺りで坂勾配が上がり出す、5倍ペースだと流石に厳しい。

先頭集団と別れ4倍ペースで走る。ジリジリとあげて行くが自分より30w位高い選手が抜いて行く。うーむやはりきつい。

同じペースの選手817番さんを見つけ抜いたり抜かされたりを繰り返し中盤地点を超える。

ぐあああああ〜やっぱり苦しい。

なんでお金払ってこんなに苦しい目に逢うの!!アフォじゃ無い!!

と改めて思う。

意識を飛ばすことも出来ず、苦しさを正面に見つめ続ける時間。

あ〜でも先週の房総練習もこんな感じだったよな〜とか、あ〜もっと追い込んで練習しとけば良かったかな〜とか、色々と考える。

横を走る選手を見ながら、ウンウン苦しいよね〜とか思う。

少し勾配が緩くなるポイントで水分補給。

距離はヤビツとあまり変わらない筈、なら大丈夫!!と言い聞かせ、最高心拍数超えの185まで上げてみる。フラット目な場所で自分よりペースの早いグループに追いつき風除けしてもらいながらペース維持。エアロ形状にディープリムホイールの平坦仕様のプロペルの真骨頂。

抜きつ抜かれつをしてた817番さんと差をつける。残り3キロを過ぎると傾斜は緩くなったのでギリギリのペースを保つ。ペース維持の為、時折ダンシングも入れてみる。残り1キロのフラッグが見えてコーナーを抜けるとスキー場が見えた。

50分を切れるか微妙。オールアウトするかしないか微妙だが全力に近いペースまで上げる。

周りの全員がもがく。隣から

ぜんりょくぅ〜〜〜!!と絶叫しながら抜いて行く選手。

うおおお〜と小さな叫び声をあげながらゴール。時間は49分台。

昨年の記録 58:21を9分近く縮めて49分31秒 46位から32位

ま、いいんじゃ無いすか〜と納得。

ハルヒルへ向けての課題が見えた!!気がした大会!!それ以上にこれからもヒルクライムに参戦するのか??と考えさせられる大会となった。

本当に坂が好きなのか?? 自問自答。

BikeportR.R Iso

 

沼ぁ〜沼ぁ〜沼ぁ〜無慈悲!!

なんのこっちゃ分からんタイトルですが、賭博黙示録カイジを読んでる方ならご存知の筈。

自転車の世界にも沼ぁ〜!!が存在まして。おっさんも複数のズブズブ沼ぁ〜にハマっております。

一つ目は

サドル沼地獄!!

初心者でもハマりやすい自分のお尻に合うサドルをひたすら探しまくる沼でございます。

初購入したBOMAに付属していたサドルはコレ San Marco ASPice

zaeavuxhq9megqsnozf3a.jpg

ま、悪くないすけど必要最低限的ロードサドル。乗り出し当初から少し痛みがあり、レーパン穿いても痛かったので評判の良かった SELLE SMP HELLに変更。

w4ugnohreuftbfdpeay9q.jpg

これに変更してからは長距離でも問題なく。価格は1万ちょいだったので価格も良し、少し肉厚なのでロード乗りからすると野暮ったいという印象

このメーカーの上位モデルが見た目が良くてオススメなのだが、2万を超えるので高値の華で購入までは至らず。

現在嫁専用モデルとしてBOMAにて活躍中。

初代BOMAがVADEというエアロモデルだったのとフレームがSで小さめだったので通勤用を兼ねてアルミフレームモデルのEDDY MERCKX Blokhous67げっと。

オリジナルはプロロゴのサドルが付いてたのですが、早々とASTVE SKYLINEに変更

7vc4a4j3qwsnvuvmkps0yw.jpg

これも雑誌で評判が良かったので購入。

乗り出しのお尻の収まりが良かったので暫く愛用してましたが、100kmオーバーのロングライドをするとトイレで痛いという事が度々発生。

それでも気に入っていたの「悪いのはサドルじゃない!!俺のデカイ尻とポジショニングが悪いんだ!!」と叫びつつ使っていた。

が、ロングライドの際には痛みには勝てず、Bomaからサドルを取り外し黒い車体に白いサドルという鬼仕様にして走っていた。背に腹は変えられない。

2018年はヒルクライムレースをメインに参戦。

ヒルクライムレース等で使うかな〜とカーボンサドルもゲット。軽量106g

khpwuv72rzu5kntckh4v8q.jpg

痛いかな〜と思ったが100km未満なら問題なく使えた。

そんな折、bikeportで2019年モデルを2018年10月に買う羽目となり【4月現在すでに完売】

レース用にメインとなるGIANT PROPEL ADVANCED1をゲット

img_0947.jpg

オリジナルでついてたシートはコレContact SL

qyfotxmsscaam3b60zhcg.jpg

リアにテールランプを装着出来たり純正のアクセサリを装着出来る優れもの。お尻の収まりも良くそれなりの距離を走っていても問題無かったので一安心。これは沼なしやぁ〜と安心して使っていた。

がやはり高負荷の掛かる100km超えエンデューロ等での後のトイレで痛み発生。

先々週の房総グランフォンド練習や房総周回練習でも痛みが発生したので悩み出し。

溝が先端まで入ってるモデルが良いようで、Facebookにて書き込みをしたらチームメイトから

S-worksのパワーサドルを勧められた。

スクリーンショット 2019-04-11 9.47.21

実際に使用している人からのオススメなので間違いなし!!が値段が高え〜

フレームが鉄モデルもあるが16200円也、まあ良い値段だわね。

来月の軽井沢グランフォンドには自走して行き、前日には渋峠を越えるとかいう荒業を待ち受けてるのでそれまでに購入しようかと思案中、密林サイトにパチモンだが同じフォルムのサドル発見。 はいGORIXでした。いろんな便利なパチモン?を出しているメーカーでござる。

bzzrud6vqisivpgmzbcmfw-e1554945289207.jpg

重さも普通か。んで早速装着。折角なので持っているサドル達の重量を量る。

ま、大体250g前後が相場ですかな。100gの差ならなら身体を絞ろう。

ちなみに通勤エディ号には現在メッシュタイプが装着され快適な通勤ライフを送っている。

 

スクリーンショット 2019-04-11 9.58.27

これはフロント部分に溝は無いが適度にしなってくれるので圧力が掛からず痛みが出ないようだ。とはいえ100km越えは試してないので要検証。

 

で、Gorixのパチモン検証だが。

7+UFHZURQLmZF2AfkmXhNA

たまたまbikeport平日朝練があり、店長と大磯で一緒に走ったSasaさんが参加、体調がイマイチなオッさんは9時に帰宅条件でお付き合い。

なんと!!Sasaさんのプロペルのシートには!!じゃじゃじゃーん!!

mxnl4ngdqk6c5mt9bq4axg.jpg

はい!!本物のSーWOKS POWERサドルでござる!!しかもカーボンねカーボン!!

んで、おっさんのGorix。見た目同じだがクッションが少し柔らかい。

trqqwgurxwsxesgmzxjea.jpg

乗り始めると袋と竿の間の圧迫感が殆どなくエアロフォームにした時前傾姿勢での圧迫感も無い。想像以上に快適。

見た目はちとかっこ悪いが乗ってしまえば他人には分かるまい。

軽く本牧を抜け、磯子のコンビニで八景まで行く二人とお別れ。

いつもドルフィン坂を軽く走り野毛を抜け帰宅。

ヒルクライムレースにはカーボンを使うがロングライドの時はパチパワーサドルで行こう。

不要になった沼サドル達はメルカリでお嫁に行ってもらう事となる。

さて

サドル沼ぁ〜

から抜け出せたかもしれない。後は

シューズ沼ぁ〜

が存在するが、こちらも決着がついたようなので合わせて報告したい。

cgm48bldqzmbjkftuavttw-e1554945188758.jpg

左からSimano North Wave, Bont ,Lake。

シマノは初心者の頃に購入、何も分からず一番手頃なモデルのワイドを購入。不満無く2年程使用していたが、ロングライドした際に足が疲れたのをキッカケにNorthwaveに変更、右足が合わずかなり苦労して幅を広げた、専用の広げる機械を買って何回もサイズ合わせをした。

お陰ですっかり足に馴染み、エースとして活躍していたが、メッシュを多用しているので冬場にはきつい。丁度、高岡さんの一番お金を惜しまないのがシューズとの記事を読み、愛用しているのがBontという事で海外サイトから格安でゲット。熱形成なので足に合わせると快適。しかも底がカーボンなので踏み込むパワーをそのまま活かせる感じで良かった。レースにて何回か活用していたがロングライド等で使用してると、浮腫んだ足先が圧迫され痛く感じる。熱形成のカチカチ靴なので当たり所によりかなりの痛みを発する。

という訳でレースはBont,通常ライドはNorthと棲み分けが出来ていたが、乗鞍ヒルクライムレースのブースにてLAKEを試着してしまい購入を決意。

IMG_9405

憧れの56さんと記念撮影、緊張してます。

 

IMG_0362qBfXOu5mRbm9eJK3aXbZTAgDu+SBLIQUOVpDesw2CnIQ

筧五郎さんのローラー練習に参加する際に購入予定だったがある事情により断念。

代わりにBONTのBritsをメルカリにてゲット

スクリーンショット 2019-04-11 10.35.50

何度か熱形成を繰り返し、なんとか合わせる。右足のサイドの骨が少し出ていてソコが当たって痛い事痛い事。

6度目の形成でなんとか痛みなく履けるようになったが、ロングライドで足が浮腫むと圧迫痛みが発生。

という訳でやっぱりLAKEと相成りました。

bz0dv4asgtdp3l3pjb3a.jpg

思ったより少し大きめなのでインナーの下に少し詰めもをしてサイズ調整。少しサイズに余裕があるものの、カーボン底のお陰でパワーも逃げずに快適そのもの。ロングした際の浮腫みもフロント部分にゆとりがあるので問題なさげ。兼松さんがオススメしてたのも納得。

これで

シューズ沼ぁ〜

も無事脱出出来たと信じたい。

BikeportR.R Iso

 

練習と言う名の・・・

bikeportR.R平日千葉房総周回練習が開催された。

IMG_3406

bikeportR.R平日千葉房総周回練習が開催された。

当初6名という大所帯での予定だったが、仕事の都合やら怪我やら病気やらで都合3人のみでの練習となった。3人なので我が愛車の屋根に2台積載し(初積載)2人を拾いアクアラインを抜け保田へ

5Xoy7GeCTEKaqMUwdc1+Rg

昨日はかなりの雨が降って居たが快晴、少し風があり肌寒いが絶好の練習日和。

海岸の駐車場に車を置き、自転車の準備をしていると、コンビニでクレカを落としたのに気づき電話をする、立ち寄ったコンビニに届いておらず、取り敢えず、カードを止めて再発行の手続き。準備段階にて出鼻を挫かれる。

zwJ9eTQoSpWH%3Iymv25zQ

リーダーのDaiさんとリアル版弱虫ペダルの坂道君のTana君。

6人ならなんとかなるかな〜木村店長を盾にしてなんとかヘッポコぶりを誤魔化せるかな〜と思って居たが3人なので仕方がない、頑張るしかない。

周回スタート地点まで40kmオーバー巡航、結構なペースで進む。スタート地点の交差点にて一旦止まり、車載カメラのスイッチを入れる、ガードレールに止めた自転車が風に煽られ倒れる(泣く)

5yXhMBcyS2yxIMRuyg12Jwa4ftGmAIS7KiPnoNoqh8TQ

Dai さん先頭にスタート、1周目はコースの下見。なんとか付いていける。

坂道にてインナーにギアを落とすとカンカンと何かがスポークに当たる音がする。

一旦止めてディレイラーを見るとケーブルが当たっていた。転倒した際に歪んだのか?外側に折り返し再スタート、音はしなくなったがインナーのギア3枚が嵌らない。メカトラや。

あうう、転倒した時にハンガーが歪んだようだ。

使えないギアを想定して走るしかない、周回を続ける。信号が一つ。曲がり角が三つほど車も少なくほぼ負荷をかけ続けられる最高のコース。

修善寺のSCSも良いけど移動距離と時間を考えるとこちらの方が良いかも。

2周目スタート直後にマウントしてた携帯を落としてたことに気づく、探すアプリで探索するとリアディレイラーを調整した場所に落とした模様。すんません。

3人で先を進みポイントにて携帯を見つける、割れてもおらず無事回収。

10分ことに先頭を交代という指示が出たので先頭を走る、下りの連続コーナーにて路面に水溜まり、リアをロックさせ横滑り危うく転倒しそこねる。

路面濡れてますやん、危うく転倒 動画

無事こけずに乗り切りましたが危険この上ありません。対向車が来てたらアウト。気をつけて!!!

スピード出てるのもそうなんですが、そもそもぼっち練習ばかりなのでペースが分からん!!

3周目の坂道にて千切れ1人サイクリング状態。

頭がボーっとして曲がり角見逃しコースを外れる。見覚えのない景色が続いたが自信が無い、携帯で位置情報をみるも周回コースデータを入れていないのでコース外なのかも不明。

緩い登りをしばらく登ると路肩にテンかフェレットの死骸発見。これは見てないな〜と言うことで逆戻り。

これだろうなあ〜と言う曲がり角を曲がると何度か見た景色に戻る。

入らないギアにイライラしながらハンガーノック気味な状態から補給バーを食べる。パサパサしてあかん!!この状態ならジェルがいい。

なんとかスタート地点に戻ると2人が待っていた。

あと1周あります。と休んでいた2人はそのままスタート!!

はう〜 俺休んでませんが〜 行くんですよね〜 極Sですよね〜 心の中で叫ぶ。

平地はなんとか食らいつく、にしてもTana君この細い体になんでこんなにスタミナとパワーがあるのよ・・・・

YUuMV7xDTKmWVkySI%kIjg

丸メガネかけて総北ジャージ着てヒルクライムの大会でたら会場がザワつくぜ(笑)

頑張って半分までついて行くがトンネル手前の坂道でちぎれる。あ、ダメだ〜と思ったら左足太ももがまろやかに攣り始め、景色が白み出す。

こ。これは!!!あの御堂筋が体験した黄色い景色というやつか!!

フラフラになりながらゴールに辿り着くも2人は補給の買い出しに逆走していた。

小さな商店の前の駐車場に倒れ込み、大きく息を繰り返す。

心配そうにTana君が駆け寄り、良かったら食べてくださいと差し出したのは剥栗??!! くり??

あまり補給にならんな〜と思いつつも一ついただく。

しばし休憩をさせてもらおうと思ってると戻って来たDaiさんが一言。

一刻も早くプロテインを飲みたいんで車に戻りたい!!

彼の頭に天上天下唯我独尊なる文字が輝いていた!!

多分女子相手ならこんな事は言わないのであろう、彼には年長者や老人を労わるという感覚が欠如しているらしい。速さは正義。自転車馬鹿ここに極まる。

さすがにTana君もスタミナ切れ気味、Daiさんに車のキーを渡し先に向かってもらう。

周回練習を重ねたとは思えないスピードで坂を駆け上る。バケモンや。

ああ、坂が!!坂がぁ〜!!と叫びながら駐車場への道を走る。

しばらく走っているとDaiさんが待っていた。メカトラか?と思ったら

スプリントの練習をするんで40kmまであげたら3・2・1で全力でスプリント!!

あ、足が攣ってます・・と恐る恐る答えると、Isoさんが無理しなくて大丈夫!!2人で行きます。と言われる。

悔しいのでヤレるとこまでヤリます!!と宣言をし食らいつく。

3・2・1スタートでもがく!!全身の血の気が一気に引いて行く感じ。生まれて初めての感覚。

これを2回繰り返し駐車場に戻り終了。

コンビニに買い出しにいくTana君にアンパンを頼み、自身もプロテインを飲む。

ヘロヘロの身体で自転車を積み込み。帰宅の途に。

川崎のコンビニにてリーダーと別れ、横浜のbikeport

BBの交換をするTana君とリアディレイラーの修理をしてもらう。

少し茶髪になりチャラクなったKさんの手により手際よくハンガーを交換し修理完了。

こういう作業を持ち込んだ時にちゃっちゃっとやってしまうお店と仲良くなって良かったと心から実感する!!(笑)

合間に接客をこなすマルチタスクぶり。

月曜日はお客さんで店内が溢れかえり外で待つお客さんも居たらしい。(Tana君証言)

そのうち、近くの横浜系ラーメンの総本山の並びで競争するかも知れない。(無いか)

色々と勉強させてもらった練習会でした。

止まらず負荷をかけ続けること、ウェアは軽め持ち物は少なく携帯電話はポケットに。補給は摂りやすいジェルをメイン。フォームを含め無駄を省く事などなど。

次回は八ヶ岳ヒルクライム。この練習は役に立つ筈!!同じく参加者の方々よろしくお願いします!!

TSS265  相対的エフォートは最高値更新。喉をやってしまったのか暖かいものを食べると喉が焼けるように痛い。8時に就寝。おかげでスッキリ。翌日も休みで本当に良かった!!

 

スクリーンショット 2019-04-03 9.31.13

bikeportR.R Iso

bike port R.R ヤビツ練

IMG_3352

たまたま日曜日が休みとなった、チームリーダーのDaiさんが袖ヶ浦エンデューロにエントリーしていたので応援に行こうか、でもアクアラインの渋滞も嫌だしな〜と考えていると、Daiさん自身も強風の予報が出てるのでDNSの可能性ありとのこと。

そんな中、ヒルクライマーのKobaさんから

名古木セブン集合ヤビツ練しませんか?と皆に向けてメッセージ。

「行きます!!」と短く返信。

前から一緒に走る約束をしていたので嬉しい限り、あ!!ヤビツ峠は結構走っているけど、表側は他の人と走るのは初めてだ。

なんて考えてると、リーダーDNSでヤビツ参加となり他のメンバーも続々と参加。

ちゃんとしたチーム練となった。(なる予定だった)

AsHXHPD7Qu+SS5jYaBh0pg

二宮の駐車場に車を置き、吾妻山に桜を見に行く嫁と別れ一路集合場所へ。3人集合しているが、さ、3人??

なんでも他のメンバーは急遽キャンセルとなり4名での練習となった。

とはいえ、メンバーの中でもクライマー二人とオールラウンドのリーダーと走るのだ。地獄の蓋が開いた気がした。

今回は動画も撮影するつもりだったので、フロント、リア、ヘルメットと3個のカメラ装備。

カッコ悪いけど、頭にカメラを付けてると走る車から嫌がらせを受けないらしい(笑)

スタートしてDaiさんの後を付いて行くが早々にKobaさんに抜かれる、二人の後を走るがペースがはえぇ〜 心折れるパワーの違い。

コンビニ跡までなんとか食らいつくが蓑毛手前でいつもと同じソロ練の様相。

折角のカメラも道路を撮影するだけ。心拍はいきなり最高値に近いマックスまで上がる。

ビッグプーリーのお陰かインナーロウの廻りは軽いが息が荒くなる。

4倍前後でなんとか駆け上がるも先行した二人の姿は見えず。

日曜日のせいか、春のせいか。ヤビツを登るDoエムクライマーが多数おる、小径車にデカイ荷物担いで登る野武士のような人も居るで、平日とは違うな〜と辛い気持ちを逸らすように考える。

途中の工事現場の簡易信号にて先行した二人に追いついた!!と思ったら別の二人組だった。

軽く追いつくかと思ったら中々追いつけず、菜の花台を過ぎても距離が縮まらなかった、

ってことは先行する二人はもっと早いのか。

尻上がりにパワーを上げて行き、二人組をパス、ゴール手前にてリーダーを追い抜きゴール。

休憩する間も無く下り、途中のKataさんでUターンしてまた登る。

そのまま、気まぐれ珈琲の店まで下り休憩。

何度も前を通って居るが営業してるのを見たのは初めてか?気温が低く寒いのでホットココアを飲む。美味し。お代わりに湧き水珈琲、美味し。二杯で800円と良心的。

明日雪が降る予定だと店主のお姉さん。まさか!!と笑うも外は息が白い(怖)

休憩してる間に気温がさらに下がった模様。

寒すぎるので裏ヤビツは止めて表に戻る。

峠手前でKobaさんのアタックに付いて行く500wオーバー。喉の奥が腫れ上がり息が喉を通らずヒューヒューとなる。うん、死ぬ手前。

記念撮影をし下山、カメラのバッテリー交換をしていたら足がプルプル震えバッテリーを落としてしまい側溝の中へ。近くにいた人達が手伝ってくれが側溝外れず諦める。チャリダーは皆親切や。

Daiさんと早めのペースでコンビニまで下る、頂上付近と打って変わり春の日差しで暖かい。

プロテイン注入するリーダーを横目に二人を待つ。

帰宅する二人を尻目にKobaさん改め、「坂師匠」と2本目のアタック!!といってもサイクリングペースで行くとのこと。

走り出して5分もすると大粒の雨が降ってきた、山には雲と霧がかかっていて荒れ模様。

止みそうにないのでUターンをし解散。

二宮へ戻る道中、脇道に外れ名も無き坂を登る。チーム広報にInstaが活用されていて評判が良いとのことなのでインスタ映えする画像を収めるべく桜の下でパチリ。

hbK9%AKoQRON9svbp%SbqQ

はい微妙、というか失敗。おっさんの要らんかった。構図もアングルも色合いも悪い。

一番好きなスーパーマーケットのBIGに寄り嫁の好物を買い占める。

駐車場に戻ると駐車料金が足りねえ。3パック買ったのが失敗だった。

近くのコンビニまで自転車で走り、ATMでお金を引き出し戻る、着替えようとズボンを出すとポケットに小銭入れ発見、な、なんと無駄な事を・・・・

TSS193 5分10分20分のパワー出力の記録更新。

コンビニスタートのヤビツの記録が出てない。過去に何度か出なかったことが事があったがバグなのか??

坂師匠との体重差が+20kg(笑)

チームメイトのTana君とは+25kg差(爆)

あとせめて10kgは痩せないとイカん!!!と心に誓うオッサンでした。

+xpTXrFbQeKaCEuj%aYS+A

平地用のエアロロードGiantPropel!!親バカで申し訳ないがカッコいい!!

坂もガンガン逝けますぜ!!

戦闘力あるから言い訳できん!!ワシの体重と貧脚が全て悪いのよ。

スクリーンショット 2019-03-31 22.44.00

bikeportR.R    Iso

うん、疲れは取れないTSSは嘘つかない

一昨日の先行房総グランフォンドにてTSS280だった【トレーニングストレススコア】

100が1日で回復すると言われてる。って事は回復には2日半かかる。

昨日は全身怠く、特に足回りには乳酸が溜まり徒歩の移動が辛かった。

ヨメに足回りをマッサージしてもらうと左足の足裏と脹脛が硬く悲鳴を上げた。

足裏は骨が折れたかと感じる程の激痛だった。

やはり風呂に入る程度では乳酸は流れないし疲れは取れない!!

ツールに出てるプロでは無いからマッサージなんて贅沢なモンは不要でしょ!!

と思ってたが、プロほど筋肉は出来てないし、翌日、プロとして自分の仕事する訳だからそこに影響を残すのはイクナイ。と考えを改めた。

スポーツ全般に言えることだけど、初心者ほど道具や身体のメンテナンスにお金をかけず、ケガをして辞めてしまうケースが多い。

以前スノボーをガッツリやってたが、初心者が滑る緩斜面は凍っててアスファルトのように硬く、何度も手をつき膝をつき打撲をし、果ては骨折などしていた。プロテクターを勧めるも初心者だからと購入を渋る人がほとんど。かなり上達し、転ばなくなる頃にプロテクターを装備するようになってた。

自分を含め、自転車のメンテナンスはきっちりやるが自分の身体のメンテナンスは二の次と言う人が多いのかなーと思う。

走りは所詮エンジンさ!!【乗り手】と言いつつエンジンのメンテナンスをしないというアホさ。

普通のマッサージでもやらないよりはマシなのだが、施術する人が自転車に乗っててある程度自転車で使う筋肉とかに詳しい人が理想だなーと思う。

ハムスタースピンの福田さんやトレーナー資格を持ち実業クラスで走ってる方も居るとは思うが敷居が高い!!(笑)

現在の仕事との兼ね合いもあるのでメインの仕事とするのは難しいかも知れないが、簡単な施術とローラーを使った複数の人達でトレーニングが出来る場所があると便利だなーと思う。

バイクポート横浜西口店さんの倉庫になってる2階を使わせて貰えないかなー(笑)

使っていないカイロプラクターテーブルを喜んで寄付しますぜ!!

bikeport R.R Iso

viva 房総半島!!

カヤックフィッシングやゴルフで散々お世話になった房総半島。

TeamリーダーDaiさんから練習するには最高だと言われ、(信号が無くて車が少ないらしい)来月のエンデューロレース前に合同で房総を走る予定だった。

弱虫ペダルの総北は千葉の学校、ヒルクライム練習は峰が山だったかな、峰山があるのでそこがモデルだろうか?

折角なので房総半島のヒルクライムを中心に練習したいな〜と探していたところ、千葉のヒルクライム集団ボーソークライマーズなるサイトを発見。房総半島のヒルクライムエリアを丁寧に紹介してくれてる。しかも

鹿野山ビューホテル 2019房総グランフォンド開催!

http://bosoc.club/2019bosogranfondo

なるイベントを開催するらしい。3/21~11/30まで毎日開催、鹿野山ビューホテルで受付して決められたコースを走破すると、ホテルでお風呂に入れたりプリンを貰えたりと特典があるらしい。AコースとSコースがありソコソコの健脚でないと厳しそう。

軽井沢グランフォンドもあるし、八ヶ岳ヒルクライムまで4週間、行くしかないショ!!

という訳で7時前にアクアラインを抜けスタート地点の鹿野山を目指す。イベントはまだ開催されて居ないので近くにある公園へ、あ、よく見たら何度か通ったゴルフ場の近くだった(笑)

beNVBx2bSIWQ1rnWkGZdwA

ゴルフの時にいつもお世話になっていたセブンイレブンに寄り補給食を買いこむ。うーむ不思議な気分だ、そういえばホームにしているヤビツ峠も馴染みのゴルフ場の横だった。ゴルフでは飛ばすけどOBが多かったが、馴染みにしているゴルフ場がヒルクライムエリアということは殆ど山岳コースだった訳でOBが多いのは仕方が無かったのか・・・・脱線。

到着した公園はトイレや休憩所が整備され、なんと自転車ラックもあるという、ローディーに優しい施設。

今回走るのはこのコース、120km 獲得標高2400m超、距離は短い?ちょっとがんばればなんとかなるかな?かな?? 完走率95%って・・・・

ボーソークライマーズの人達って・・・・・

スクリーンショット 2019-03-19 22.23.19

ともあれ、出発してすぐにマザー牧場を横目にアップダウンして本格的な下り、道幅は広く路肩もちゃんとしてる。うーむ神奈川の道よりいいぞ!!

気温は10度前後と暖かいのでいつもの格好。

いつも神奈川から見てる逆の風景、マザー牧場、でか!!完全なアミューズメントパークなのね。機会があれば行って見たい(笑)

今回はルートラボをナビにして移動、携帯のSafariからアクセスしてるせいか位置情報の精度が悪く尚且つ移動スピードがそこそこ早いのでルートを間違える。

沿道には菜の花が咲いており春めいてる。千葉側から見る富士山もなかなか。

一つ目の愛宕山へのルートを間違えてしまい別ルートから登る。斜度はキツくないがそこそこの山で良いトレーニングになる。

FTP前後で回し、練習がてらダンシングもする。練習としてソコソコの強度で走るのか、サイクリングと割りきりLSDで行くのか悩む。表示パワーがいつもより出てないの凹む、昨日の練習の疲労かな〜にしても出てないな〜

念のためパワーメータの補正をしてみる。あ、ずれてた。いつものワット数になり一安心。

それにしても車が少ない、道はきれい。走りやすい。アウターで頑張る。

愛宕山から鴨川方面を目指す、適度なアップダウンがあり修善寺のCSCの5キロコースを思い出す。鴨川は初だ、ゴルフでもここまで足を伸ばさなかった、外房でジギングを!!が夢だったがまさか自転車で来るとは(笑)

山から海にでるとなんか嬉しい。

地元は静岡市の山に囲まれた場所、山で走り、川で泳いだ。

海への憧れが強かったせいか、大人になり海辺で暮らし海に関わる仕事をしてた時期もあった。

鴨川という地名で思い出すのは1980年代の漫画のシャコタンブギ、鴨川を舞台した物語が強烈だった。

あの漫画のせいで袖ヶ浦ナンバーはダサいという印象が出来たと思われる。また脱線。

鴨川に出ると日差しが照りつけポカポカと南国雰囲気。時間の流れが遅く感じる。南伊豆や大島にとても似てる(笑)

スタートから2時間近く経過、お昼前だがスタート前にガッツリ食べたのと途中の補給食たべたので空腹は無い。

鴨川駅の横を通り海岸沿いを走る。市内を抜け安房天津駅手前を左に曲がり清澄養老ラインを走り亀山湖を目指す。

平地からまた登りだ、ここまでアウターのみで頑張って来たが、最初の登りでインナーを使う。結構傾斜がきつい

四方木でドリンク補給。静かでのどか、車も通らないから物音一つしない。こんな場所で暮らしたら平和だよな〜と思う。刺激が無いから退屈するかな。

しばらく走り養老ラインを抜け465号に合流、ここで下りて来るチャリダーとすれ違う。50km以上走り初ローディー

465号を左に曲がるルート間違えてしまい、右に曲がってしまい気付かずにダウンヒルでかっ飛ばし、気持ちよく4km程進んでしまう。ルートが大幅にズレ進むか戻るか迷う。

一応Aコースを走る予定なので一旦戻るもスかなりピードを出した程の傾斜をヒルクラムする羽目になってしまい萎える。

なんとか元のルートに戻り亀山湖に到着。

今ではバス釣りのメッカだが、30年前までは観光も何もない人造湖でカヌーイストの野田知佑さんがBe-pal で連載していたエッセイで世に知れることとなる。カヤックをやっていたのは野田さんの影響。椎名誠さんとはお会いする機会があったが野田さんとは会えていない。また脱線。

亀山湖から脇道に入りまたヒルクライム、三石山展望広場にトイレあり。

トイレ休憩をして片倉湖までダウンヒル。

片倉の交差点には知人が経営していた蕎麦屋さん ABIRUがある、知人は辞めたとの情報だが折角なので美味しいお蕎麦を食べて行くつもりで寄るもおやすみ。

RCwUu+K5TLWh7pAxrtNcvg

閉店と書いてあるが閉店なのか??定休日は木曜日だぞ!!13時で売り切れたのか??

はあ、休憩が無くなった。仕方がないのでそのままコースに戻り房総スカイランを峰山に向かって走る。車が多く路肩が狭く危険。漫画弱虫ペダルでヒルクライムの練習に峰が山と言っていたがこの道では無いと思われる。

92号と合流、沿道の生乳ソフトクリームがとても気になるも我慢して先を急ぐ。

途中右側に逸れて軽いヒルクライム、途中ドリンクが切れるが店舗はおろか自販機すら無い。

下り基調になった途中で自販機発見、アクエリアス購入、マグネシウム補給する。

ついでに千葉県民ご愛用のMAXコーヒーをゴクゴク飲む。美味し。

補給した自販機から1kmも無い場所に行きの道中寄ったセブンイレブンがあった、自転車ロングライド補給あるある。ロングライドの際は休憩ポイントは事前に把握しておきましょ。

ラストの鹿野山入口が結構きつい。頑張って300w出すも続かない。

が、120km以上走ってこれだけ行ければ昨年より良いのでは?と自問自答。

緩くなった坂をヘロヘロダンシングで乗り切る。アウターのみでは無理でインナーでくるくる回す。なんとかゴール!!ま、6時間切れたので良しとしよう(笑)

ゴール地点の休憩ポイントに全身カステリのローディーが休憩していた。120km走りロードバイク乗りに二人しか会わなかった、房総の人達は自転車嫌いなのか??(笑)

身体は絞れてるので結構走れる人かな〜

お湯を沸かしカップ麺を食う、うん、コイツ美味く無い。2度と買わない!!

初ボーソークライムでしたが楽しかった。また来よう!!

次回はエントリーしてしっかり走ります。マップデータもサイコンに入れておきますわ。

獲得標高が200mほど足りないのは道間違えたせいか??

スクリーンショット 2019-03-20 0.30.25

bike port R.R Iso