ツールドおきなわ 100kmマスター

ども、おっさんです!!

いよいよレース本番、早朝5時出発。

なかなか寝付けず2時間ほどウトウトして起きた、元々睡眠時間は短い方だが、ちとヤヴァイかも。

交通規制が入るので早めの移動、スタートまでかなりの待ち時間がある。

交通規制が始まる前に奥やんばるの里まで移動、宿のご主人に運んでもらう。

沖縄とはいえ11月の早朝、やんばる地域は肌寒く上着のみなので下半身が冷える、少しアップをする

チャンピオンクラス、210kmクラスが通り過ぎると、道路片側にコーンを配置、100kmオープンがスタート。

100kmオープンスタート後、コーンを残したまま140kmオープンが通過、先頭集団の後方選手がコーンと接触、危うく転倒しかける。黄色のジャージ、チャリダーロードレース男子部の人と思われる。

程なくして100kmオープンがスタート、予定より少し遅れている。

ガッツリ並ばず、後方よりスタート。

先頭集団に追いつける可能性無し!!

まあ、怪我せず足切りされずにゴールすることが目標である。

スタートして最初の坂をペースを上げ過ぎず走り切り、フラットな海岸線を同じスピードの選手のトレインに合流し40kmオーバーでやり過ごす。時折先頭で集団を引っ張る。

程なくしてフンガーの登り突入、生粋のヒルクライマーでは無いが登り好きなので、そこそこのペースで登る。一昨日試走したので何度か見える下り坂でも騙されない。

試走してなかったら何度かある下り坂に頂上かと騙されて心を折られてたと思う。

島の反対側に移動し何度かの坂を走り切る、そこそこの巡航スピードで走れるので声かけてトレインを形成していく、緩い上りでチェーン落ち、大きな声で叫び左に寄りチェーンを直す、せっかく出来た集団から遅れる。

体重があるのでダウンヒルのスピードが速い、離れた集団に

『戻りましダァー』と叫びながら合流

お帰りなさいと声をかけてくれる優しい面々、このメンバーを憶えておこう!!とゼッケンを記憶しようとするが、すぐに忘れてしまう鳥頭状態。

横を140マスターの先頭集団が抜けていく。

トレインを形成していた何人かがそのまま集団に張り付く。

先頭集団を管理していたRXの選手に離れるように諭される、まあ当たり前だな。

集団から少し離れた位置で巡航、が、そこそこの登りで千切られる。まあ地足が違うわな。

一昨日ノンビリ走った道をアホのようなスピードで走り抜ける。

後半に突入した坂で左股関節が攣り出した、走りながら揉める場所では無いので

『痛いーちくしょうー!!痛いーちくしょうー!!』

叫びながらダンシングで激走、抜いた選手から

『痛いって、あんなスピード?』

との声が聞こえた。うん、5倍出てた。止まったら動けなくなるから逆療法。

ダウンヒルでいろんな方向へ膝や尻を動かしてほぐす。

ソロだと32km-35kmが限界、声かけて2人3人と増えると40km巡航が行ける、が、後半になり140kmの人達も混ざったグループで足がない人多数、何故か余裕があるので長めに先頭を曳き、疲れてる人は早めにローテしてもらう。

豚の匂いがしてきたら羽地ダムの登りに突入、ラストの一番厳しい坂じゃ!!

上り始めて直ぐに両ハム【太腿裏側】が攣り歩道に倒れ込む。痛さにゴロゴロ転がる横を

『大丈夫か?』『あと45分!!』

と声をかけてくれる、ある選手が通りすがらポンっと攣り防止サプリメント

2RUNを投げてくれた!!

ありがとうございますー!!とお礼言いながら飲み干す、いゃーおっさんマジ感謝!!

ロード乗り最高!!

次回、おっさんも投げるぜ!!投げる用に2Run用意するぜ!!

5分程休憩し再スタート、トンネル抜けるといろんなチームの応援団が声を張り上げて応援している。私設補給なのかチームメイトにコーラを手渡している、羨ましい〜

目の前の選手がコーラ手にしたまま路肩に突っ込み転倒。

受け取ったは良いが限界だった模様、でも笑ってた。

最後の補給をしてダムを抜けダウンヒルをして市街地に入る、また先頭を曳きながら選手に声かけトレイン形成。交通規制されノンストップで走る平坦は速い。

気がつけばゴール手前300m!!スプリントー!!と声出してダッシュ!!して

ゴール!!

3時間30分を切るタイムだった

ゴール直後に両足裏が攣り、歩くととても痛い。肩を貸してもらおうとチームメイトを探すも見当たらず、電話を入れる。

すでに宿にて自転車分解しているとの事(笑)

小さな悲鳴を上げながら裸足で完走賞を受け取り、ドリンクを飲み荷物を受け取りに別会場へ移動、宿の主人がチームメイトを載せてやってきたので迎えに来てくれたのか?と思ったがチームメイト2台分の自転車をANAに預けに来たとの事。うむブレないね。

自走して宿に帰りシャワー浴びてグッタリで終了ー!!

打ち上げに参加する気力も無くそのまま横になる。

宿のご主人がBBQをしてくれ、猫を抱きながら美味しく頂く、別カテゴリーに参加していた常連さんも合流し楽しい宴は続いた。

翌日、早めに出る2人を見送り

お世話になった

やんばるふくろうご主人、ありがとうございました!!

名護から那覇空港へ行き、自転車預けて観光。

ステーキ食って、快活で時間潰して、ホテルにチェックインして会社の同僚の同級生のお店にて美味い沖縄料理を食べて終了!!

気がつけばあっという間に終わってしまった。

ビバ沖縄!!

また来よう、今度はちゃんと観光しよう!!(笑)

おわり

ツールドおきなわ  前日

まだ、本番ではないのだよ。

ども、オッサンです!!

前日頑張ってしまったので身体が重く腰が痛い(笑)回復走と決めてドローン飛ばして沖縄の良き風景を納めて受付しようなどと計画、

キャプテンとS君が出発するのを見送る

昼前に宿出て海岸沿いを流して半島一周。

海がとても美しく眩しい

スピードを出さず心拍数も120以下に抑えるように気をつける。

道路幅が広く歩道もかなり広いので歩道をノンビリ走らせてもらう。地方の道は歩道と自転車道を兼用してる場合が多いのか、逆に路肩が狭かったりする、そもそも歩行者が居ないのでゆっくり走るなら問題ないかと思われる、法令的には微妙かなー

車道にはみ出て並列走行は完全にアウトかと

海は穏やかアオリイカ狙いの釣り人多数、墨跡が無いのでそんなに釣れてないかも。

奄美方面で釣れるアオリイカが桁違いに大きいと聞いてる、寿命は1年のハズなのでアオリイカとは別種のイカで寿命が長いのでは?と調べた結果同じアオリイカと判明、特別大きい個体は早い段階で共喰いしてるらしい。うむ、進撃の巨人と同じなのだなー

美ら海水族館近くにスーパービッグを発見!!名護やべえ

日本で1番良いロケーションにあるビッグだな。

品揃えは本島と変わらず、パイナップルが安いのと惣菜のサイズがデカい

とりあえず、何も食べてないのでアイスで補給

少し先今帰仁手前でセルフ撮影、小さな三脚とApple Watchが便利

本部町辺りから歩道が狭くなり道路も片側1車線となる、時折レース参加選手が追い抜いていく。

今帰仁城跡までプチクライム

何か良さげな雰囲気に誘われてお土産を買う

島の石を使った天然系素材の化粧水など販売してるとの事

折角綺麗に袋詰めしてくれたがリュックが小さいので入らない、お詫びして個別で詰め込む。

目的地の島まであと少し、島周辺で昼飯食べてーと思ってたら怪しい看板発見

村の売店との事、ネタとして突入。

オジイが店番してる、客は無し、うむ失敗したかと思ったが折角なのでアグーカレーなるものを注文してみる。

ライスの上にアグー豚の焼肉が乗ってる、ルウの色は薄く、辛くなさそう。

ひと口食べてビックリ!!

美味い!

ここ何年か食べたカレーの中でもトップ3に入る美味さ!!

野菜の旨みかなー?独特の優しい風味が堪らん。

おじいに美味いねーと伝える、明日のレースに出るよーなど話をして店を出る。

目的地の古宇利島まであと少しなのだが、受付時間も気になる、島へ渡る橋も魅力的だが往復する距離と強い横風も嫌なので渡らず写真のみで撤収

結局ドローンは飛ばせず仕舞い、名護の市役所まで半島を突っ切り直線で向かう、坂がキツいと聞いていたが普段行ってる峠に比べれば問題無し。

あっと言う間に会場に到着。

さすが協賛ブースが多い、気になるブースで試供品を頂く

パラチノースと言う新しい糖分、ゆっくり吸収するのでロング系競技に向いてるらしい。

明日のボトルは一本作ろう

受付でゼッケンを貰い、前年チャンプ紺野選手のイケイケインタビューを拝聴する。

ホビーレース界を席巻したVENGE

宿に戻り、プレート装着しゼッケンを取り付ける

ついでにドリンク作成

攣防止のマグオンと混ぜる予定。

チームメイトの3人で記念撮影

それぞれ50kmオープン、100kmオープン、100kmマスターに出場。

天気は保ちそうだが、朝は早いぞ。

寝れるか!?

筋肉痛は大丈夫だろうか?

サラダメインの食事をして床に着く。睡眠導入剤を摂り忘れ、なかなか寝付けず夜は更けていった。

おっさん大丈夫か?

本番へつづく

ツール・ド・沖縄 100kmコース試走の旅。

本番前々日、行くならこの日しか無いのだ。前日に走ればダメージが残る。

スタート地点まで50kmあるから合計150kmオーバーだが仕方がない。

ノンビリしてたので出発は9時近くなった。

名護を出てひたすら58号を北上、向かい風が強く30km巡行が厳しい。道路は路肩が広く道路幅自体が広いので自転車には走りやすい。

天気も曇り空で少し肌寒いが景色は良し。辺戸岬まで33km。140kmスタート地点の国頭村までは14kmかあ。

何気にまだ余裕。

めんそーれ!!国頭村やんばる地域に突入。

白波も立ち荒れ模様の海。

あまりチャリダーの姿を見かけない、さすがに明日以降の到着組が多いのか?

普久川下流を通り過ぎる、このツールの一番の難所と言われてるフンガーの登り。

スタート前なので寄り道せずスタート地点を目指す、シートポジションの直しとサイコンの向きが気に入らないのでアタッチメントを付け直しついで休憩をする。

都合2時間近くかかって最北端に到着、自然が濃い!!(笑)

ここから丘を越えて反対側の集落にある奥やんばるの里を目指す。

11時に到着。何も無いよと言われて来たが、食堂もあるので昼飯休憩。

平日にはお客さんが来ないのか、店の人は居らず、近所のおぢさんが休憩してる。

ちはっす!!と挨拶すると

「はあ自転車〜これから名護?? こあいね〜こあいね〜」との事。

店のおばあを連れて来てくれたが、

「油に火を入れてないから時間がかかるよ〜」と言われる。

急いで無いので「なんでも良いっす」と答えると「ソーキソバだね〜」とのこと。

2日連続だが良いでしょう!!待ってる間にはじめの一歩を読む。

うーむ。どこまで読んでたのかすら忘れた。全巻揃っておらず歯欠け状態、最新刊近めの続き巻を読む。とノンビリしてるとソーキ到着。

ごはんもあるよ〜と言われるが、この後の試走に響きそうなので断る。

昨日食べた店と少し違う、面白い。みかんどーぞと置いて行く。酸味があって良い。

宿泊も施設もあり、各自コテージタイプで快適そうだ、夏は混んでるが冬は空いてるので冬に来ると良いらしい。が寒いそうだ。食事と休憩して12時過ぎにスタート。登録していたルートからクライムポイントが12箇所あるとのこと。

一つ目がスタート直後の登り、海岸線の来た道をひたすら戻りフンガーまで、二つ目の登り。

KOMが設定されてるのでここが一番の山岳エリアだと思われる、斜度はキツくないがそこそこ長い距離。何度が下りポイントがあり登りが終わりかと騙される。これ知らないでいきなり本番だと心折れるかも・・・・

ともあれダム到着、駐車場にて自転車準備してる人あり、練習のようだ。ドリンク補充して出発。後ろから追いついて来た人と話をする。同じマスターにエントリーしてる常連さんらしく

風向きが悪いと210kmの人達の巡行が遅くなり、自分たちのスタート時間が遅れるとのこと。

が、道路封鎖時刻に変更はないので足切りの時間が短くなるとのこと。うーむ。さすが市民レースの最高峰。足切りの設定時間が短いぞ。頂上右折してお別れ、ひたすら漕ぎ進む。

 

高江の山の駅で休憩、沖縄の自販機はチェリオが多い!!

島の反対側の海は風裏になるので穏やか、パワーメータの電池が切れたので交換休憩。

THxDP1coQ36bdPk9rqJkwg

ここまで3時間近く経過。トップの選手ならゴールしてる時間、やべえかも・・・

東村にてコーヒー農園発見!!寄るしかないでしょう!! 途中から看板が気になってた

又吉コーヒー農園、当然ながら自家焙煎だし自家栽培!!アイスコーヒーとケーキをセットで注文するが、あまりの美味さにミルク無しで飲んでしまう。

これは!!と自家栽培のオリジナルブレンドをホットで注文、折角なので自家焙煎のタイの豆もお土産に買う。うまし!!

初めて飲む味だ。オリジナルの豆は今からが収穫らしく、販売はしてないとのこと。残念。

Qoq4I5UKSwi+KK3nAf+jfw

修学旅行なのか学生さん達がカヤック体験していた、河口から川を遡るので安全だね、ガイドさんも最小人数にて行ける。東村は西伊豆に似てるなあ〜

日が傾き始める16時過ぎに名護に入る。

 

昨日練習した羽地ダムの登りを登る。

この距離走ってこの坂はきつそうだな〜、沿道から応援する人が一番多いポイントらしいが選手は疲労困憊で足攣る人が続出らしい(笑)

野良猫が多いがダムの駐車場にも猫。

さて下りだ!!とトンネルを見ると

タクジトンネル!!

何かの縁を感じパチリ。

JYAAHIWLQKuUVfLrLwDjAw

この場でRXの人達に追い抜かれる。

さて、坂を下り切り58号へ

最後の平坦区間は皆かなり飛ばすとのこと、40km巡行が当たり前らしい。地獄だ。

ヘロヘロの脚に鞭打ち、信号ダッシュをする。

以外と距離があるので油断出来ないぞ。ここまでで150km越え、疲れた。

2日連続で大城そばへ、さすがに今日はカレーセットにしてみた。旨し。

かなり時間がかかったのでキャプテンより安否確認のメッセが届いてた、宿に戻り。一息。

夜、遅れてやってきたS君が到着、早速自転車を組み明日からの準備をする。

うむ、走ったぞ、試走して良かった。目標は3時間30分切り、無事ゴールすること!!

沖縄は山の島だな〜と実感。フンガー以外にも頑張り所が何箇所か・・・・

 

スクリーンショット 2019-11-14 9.31.04スクリーンショット 2019-11-14 9.31.13

つづく

めんそーれ!!ビバ沖縄 大会前1

一足早く現地入!!

成田近くの駐車場借りてバス送迎にて空港へ

LCC専用は第3ターミナルということで、かなりの移動を強いられる。うむ、安い客はには不便な場所だぜ!!ということだな。ちくしょう。

肝心の機内は狭くて臭い、隣のおっさんが両サイドの肘置き占領してキツかった、2度と乗るまいと心に決めたオッサンであった。

3時間我慢して那覇到着、暑いぜ。

名護バスターミナルまで高速バスで移動、運転手さんが人懐っこい笑顔と沖縄弁で話しかけてくれ癒された。

途中チームキャプテンからメッセージが飛んでくる、彼も同じ日から泊まっているらしい。

2時間ほどで名護ターミナル到着、ゴロゴロと荷物と移動。

うーむ、重いぜ

朝から何も食べてないので途中のコンビニにておにぎりを食べる。

キャプテンが自転車で迎えにきてくれた!!

優しいなぁー、手荷物を運んでくれるのかなーと思ったら練習の途中で寄っただけだっただけで、宿までのルートを教えてくれ颯爽と立ち去った。うむ、ブレない人だ。

風景が南国だがねー

お世話になる宿はキャプテン常駐宿やんばるふくろうさん

きゃー子猫達がお出迎え!!

人の良さそうな宿のご主人に挨拶し、設備やルールの案内を受ける、子猫達は勝手に住み着いてる野良との事。残念、チャオチュール原液呑ませでメロメロにしてやりたかった。

軽く走って帰ってきたキャプテンの横で自転車を組み立てる、もしやこのまま練習なのか?と疑問に思いながら組み上げると当たり前のように試走に。

名護からレース後半の羽地ダムの登り坂へ移動、肋骨を痛めているらしいが、鬼のような強度でグイグイ登っていく、クライムにはそこそこ自信があったが、平地、登り、ダウンヒルとどれもレベルの違いに愕然とする。この強さでトップ争いまで行けないとの事なので、気軽にレース参加してしまった事を後悔。ごめんなさい。

ダムで休憩、80km走ってコレを登るのか、しかもこのポイントが1番観客が多いとの事。

軽く試走してくれたキャプテンに感謝し帰宅。

シャワー浴びて荷をほどき、プロテインを飲み一息。が、沖縄に来てまだ何も沖縄を楽しんで無いぞ!!と気づき、近所の沖縄そば屋さんへダッシュ!!

名護市内は都会だ!!全て揃ってる。

目的のソーキソバを食べて満足!!

初日は移動のみで終わった。

つづく

ツールド沖縄 事前準備

ども、オッサンです。

ホビーレーサーの甲子園!!

ツールド沖縄が今週末開催!!

オッさんもキャプテンのプレッシャーに押されエントリーしてしまった。(笑)

100km市民レースマスター部門

が、スポーツエントリーにてエントリー確定し領収書も発行済みなのにゼッケンが届かず、エントリーリストにも名前が無く運営に問い合わせ中!!

まあ、飛行機と宿抑えたから最悪は応援、観戦、観光と割り切ろう。が、エントリー代は絶対返して貰うぜ!!【2万弱!!】

とまあれ追い込むまでは行ってないがそれなりに練習し今に至る。

現地はまだ夏気温なので汗が出なくて熱中症になる人が多数。

暑さ対策は簡単でローラー部屋でローラー練習すればオッケー(笑)室温は安定の35度から40度

サウナかよ!!と言うほど汗をかく。

初の飛行機移動なのだが、勝手が分からず、安かろうということでジェットスターを予約してしまった、がANAと値段が変わらず、荷物の追加が無い分ANAの方が安かった。反省。

輪行バックは安全安心第一で頑丈なEVOCCをメルカリで購入。

以前、ブログにて空港到着時にフレームが割れていてDNS【棄権】した記事を読んだことがあったので怖かった。

これで安心なのだが、デカいし重い。

まあ、壊れるよりマシでしょ。

タイヤ交換してチェーン交換して明日少し練習走行て梱包。

成田まで車移動だから気は楽かな。

観光するための事前情報一切無し、沖縄出身の同僚の友達の店に寄るのと移住した釣り友達に挨拶する予定くらいかなー

沖縄は前職だったカヤック 関連で取引があったショップもあるので時間があれば挨拶したいなぁー

ともあれ!木曜日から翌火曜日まで滞在予定

ま、参加者の皆様よろしくお願いします!!

bikeport R.R

心拍計  沼かな?

ロードバイクでトレーニングを始めると心拍計が欲しくなると言うか必要となる。

これまで写真に載ってないWAHOOのモデルと合わせると計5個程使ってきた。あれ?ガーミン も使ってたかな?

今手元にあるのはこの4つ、CAT EYEは通信方式がANTなのでズイフトには使えないので殆ど出番が無い。GIANTはコスパが良くて両通信対応なのでメインで使っていたが断続的に通信が途切れるのでIGPを購入した。ほぼこれメインで室内、室外とこなしてきたが、ついに正確な数字が出なくなってしまった。

胸に巻くタイプは圧迫感がある、両脇が常に締め付けられる感覚があり、登りの厳しい状況だと苦しくなったりする。

AIRFITなる貼り付けタイプも使ってみたが、夏場のロングで汗疹が出たのでレース本番のみ使っていたが、乗鞍ヒルクライムのレース前に心拍計が起動せず慌てて取り外す際にケーブルを千切ってしまい昇天。

んで、行き着いたのがコレ

XOSSのアームタイプ。ダメ元で買ってみた速度計が意外と使えるので買ってみた。

以前Apple Watchで心拍計を代用してみたが、常に心拍を測り続けるとバッテリーが保たずダメだった。

コレは心拍計のみの機能なのでバッテリーは20時間以上との事。【カタログ値】

USB充電式なので電池の心配も無い。

ウェアを着込んだ後でも装着出来るので便利。オンオフのスイッチが表面にあるのでロングや長い休憩の際オフに出来るので丸一日は保つと思われる。

とまあ、良いことばかりのようだが、実際ロングライドなので使ってみてどうかなーと。

サドルでも沼、シューズでも沼、心拍計でも沼があった。

ISO

詰め込み過ぎ

連休だ、有給出さないで取れるのが珍しい

前回作業の続きをやるべく早朝から松本へ。

早めに出たので談合坂SAに6時着、スタ丼で朝飯を食べひた走る。

片道4時間なんだよなぁー

今回は早割信州周遊というETCの割引を申請してるので諏訪から長野にかけての高速が乗り放題。2日で6500円の定額。普通に乗っても往復9000円近いからかなりお得。

1か月で雑草は伸び放題。

少し仮眠してチェーンソーで倒木をカット。

チェーンを換えるとよく切れる。ある程度切ったら初の薪割りへ!!

前回使用した手斧は1時間で壊れた、今回は頑丈が売りの重いタイプを購入。

斧の重さで割っていく感じ、かなりハード(笑)

デンプシーロールが打てるようになるなぁー

昼前まで作業をして、蕎麦を食べにサイクリング

家が山の上なので周辺を走るだけでヒルクライムになる、信号も無ければクルマの往来もほとんどなし。そんなにキツくないよーと騙し連れてきた嫁は文句を言いながらもノー足つき(笑)

そば処せきやへ

前回と同じ蕎麦と山賊焼きのセット!!

ジェラードコーナーも併設してるので食後にアイスとコーヒーが飲める。

この日はなぜか3時閉店だった。

松本市内へは安曇野サイクリングロードを走る。

稲の刈り取りも終わった場所もあり、秋模様。

北アルプス側には黒い雲がかかり、時折ポツリポツリと降ってきた。

少し離れているが台風が近づいているのだ、晴れているだけでラッキー。

松本市内へ行くのはクルマに変更、自宅へ。

結局、1番の劇坂は自宅前だった、悪路砂利道もありタイヤは空転する。

また、仮眠して市内外れのゴルフ練習場へ

が、機械を管理してるサーバー不調によりほとんど打てず、軽く打って終了。

BIGで買い物して浅間温泉でひとっ風呂。

うーむ、さすがに詰め込み過ぎだ、疲れた。

自転車乗るようになって体力がついたので可能な荒技(笑)

横になって目を瞑ると充電出来るような身体になった、便利だ。

1日目が終了、翌日は夕方には帰宅したいので昼までが勝負。

Iso