Do you know ハルヒル?

自転車乗りでヒルクライムレース経験者なら誰でも知ってるハルヒル。

でも自転車に興味ない人には全く分からないハルヒル。

春の昼下がりでは無く、榛名山ヒルクライムin高崎というレースの略です。

おっさんのブログに度々出て来る単語、ヒルクライムとは自転車で山を登りヒーヒーすることを楽しむという

どMな自転車競技・・・

近年特に人気のある自転車イベントとなっていて、火付け役は

弱虫ペダル

スクリーンショット 2019-05-16 21.14.57

主人公のオタク高校生が坂道登るのが早く自転車部で大活躍し日本一になるというストーリーの漫画。

アニメ化され大人気になり、多くの引き篭り人達を自転車というスポーツに引きづり出した金字塔でありんす。

ハルヒルはまだ7年目と比較的歴史の浅い大会ながら、大会イメージキャラクターを弱虫ペダルの作者の渡辺航さん作成し、自治体が全面協力し地元に人達と熱いおもてなしを繰り広げる参加人数のめっさ多い大会でありんす。(説明なが!!)

fJH+OnHESlCemvOet9h46g

なので大会会場にはコスプレした選手も多く、(上の画像は昨年のゴール後の写真)

走っていると女装かな〜?

思いつつ足が細く綺麗なので女子なのかな〜?

と追い越して振り返ると

野郎やんけ!!

というパターンが何度もありちょっとしたドキドキを味わえる大会でもあります。

昨年初出場し参考タイムが分からず80分と申請し

同時スタートした人達をガンガン抜かし53分でゴール。

俺速いんじゃない?!

と勘違いしたのはオッサンの良き思い出・・・(下の画像は昨年の写真す)

今年も近づいてまいりました!!

ロングライド時に高崎を抜けて榛名山の横を通り過ぎ、スタート地点を通り過ぎた時は少し胸がジーンときましたぜ。

また来んのか〜とも思ったし試走しとけばよかったかな〜とも思うが坂道は満腹なので良しとする。

そもそも、ヒルクライムを今後も主戦場とするのかすら怪しいし・・・・

同じチームの山師匠と山女子さんは同日開催される蔵王ヒルクライムに出場するとのこと。

二人とも鬼速なので表彰状を携えて帰って来ることでしょう!!

そんな訳で今週末のハルヒルへ向け、準備を開始。

cuX82768SaeqLeflgyrRrg

昨年のハルヒルでは足が攣って後半失速したので予防としてMag-on!!と電解質パウダー

Mag-onを前日から飲み、望んだ乗鞍ヒルクライムでは平気だった(後半は体力無くて失速)

Meitanの2Runも試したが川崎エンディーロにて1時間で撃沈。

電解質パウダーは初だが評判が良いらしいのでお試し。

あと、めっさ強いマグネット。こいつはゼッケンを止める奴として使用予定。ゼッケンを止めるマグネットタイプは1200円もするが

こいつは10個で360円!!

8個使用して両面テープと併用。

あとは愛機プロペルっ娘の軽量化!!

LbGBBF+WR7aA9+w4OyRCnw

怪しい怪しい中華製カーボンサドルを装着、試走に出たが角度が合わない!!(前下がりにしたい)

bikeportさんに飛び込みK店長に相談。調整をしてくれるが上手く行かない。。。

やはり格安サドルのレール形状に問題があるのでは??となり

わざわざ店長秘蔵アイテムを自宅から持ち出し貸し出してくれることに・・・すんません。

dYmMoY+ISHCGsey5VDUH0w

何年か前に一度だけGiantがフルカーボンのサドルを出したとのこと。中古ながらマニアの間で結構な高値で取引されているらしい?!

こちらを装着するもやはり上手く行かない・・・

ボルトが少し歪んでいるとのことでハンマーで調整して無事装着。

おお、かっこいい!!

やはりオリジナルはいい!!

走り始めてすぐにお尻に

ジャストフィット!!

これなら全然平気!!

通常サドルも色々と浮気をしたが結局オリジナルに落ち着いたし、結局相性がいいのはオリジナルなのかな〜(ホイールはボーラワンだけど)

これでハルヒルを走るぞ〜!!

参加者の皆さんよろしくお願いします!!

bikeportR.R Iso

—————————————————————————————————————————————–

チームロゴを仮作成してみた(笑)

ラピットどラビットが掛かってるらしい。

bikeportRR rogo 2

 

最終日 天国から帰るのだよ。

自転車まみれの三日間が終わった。

無事事故なく怪我なく全員無事だった、が、これから帰宅までの道のりがある。

イベント翌日は移動日として休みを申請していたが、その翌日は仕事だった。

他の連中は翌々日まで休みを取っていた!!!!まじ先言えよ〜!!

という訳で帰宅まで200kmの道のりを自走する気力体力は無く、用意していた輪行バックを使い軽井沢から新幹線!!とも思ったが、高崎駅までいけば東海道線か湘南新宿ラインの始発駅としてグリーン車に乗れる!! 高崎駅までは下り基調なので楽そう。

BJは軽井沢から直で帰宅!! おおモデルだぜ!!

0AQQlv++SfyCAp3Ygqw

4日間楽しかった仲間と記念撮影。あ、ピンボケ。

IMG_4234

一旦峠の頂上まで行き、碓氷峠からダウンヒル。平日のせいかトラックとダンプが多い。

路肩が狭く、小石や砂利が浮いている場所が多く危険。

自走していく二人と途中で別れる。

高崎まで平坦が続く、2時間ほどで高崎駅に到着し輪行バッグに自転車を入れ快速湘南新宿ラインで横浜へ。

定番の釜飯を食べ(値段の割に・・・・)2時間程で到着。

自転車で10時間以上かかる道のりも電車は楽チン。

スクリーンショット 2019-05-16 10.03.39

最終日は軽めの47km、来週はまた高崎までやってきて榛名山ヒルクライムに出る予定。

うーむ。群馬県にこれほど来ることになるとは・・・・

bikeportR.R  ISo

 

グランフォンド軽井沢 本番当日

3日目、グランフォンド当日。

前日余裕を持って軽井沢入りしたので休養はバッチリ。リアの荷物など取り外し軽量仕様にて大会に臨む。

早朝5時にホテル前にて待ち合わせ(山神Tさんだけ別ホテル)会場である軽井沢プリンスホテルスキー場に向かう。

コンビニは軒並み6時〜23時オープンなので前日に補給食など仕込んでおいた。当たり前の24時間オープンはエリアによっては無くなっているのだ。地方でのヒルクライム大会など気をつけねば!!

本日はbikeportR.Rのチームジャージにて走る。夜明け前の会場はすでに参加者で溢れ。当日受付する人もかなり多くいた。

スタートしてしばらくは伴走するライダーと一緒に走るローリング方式らしい。

大会運営の方や来賓の方の挨拶の後、警察の方からの注意事項など聞き、6時順次スタート。

市街地までは大集団で移動、山道に入ると集団がばらけだした。荷物が無いので軽い。

FTP手前強度で登って行く。

気がつけば先頭グループに隊長と二人で合流。

自動車専用道路の白糸ハイランドウェイに突入、この日は特別に自転車オッケーで遅れると国道に迂回しなくてはイケナイらしい。車が居ないので快適。

昨日通ってきた道を逆走する形で北軽井沢に入り、第一エイド到着。

引換券を渡しバナナとチーズをもらう。事前に渡されたマップに到着した証明になるステッカーを貼るらしいのだが、荷物になると持ってこなかった。ショートカットしたりしない為の証明書なのかな?と思ったが旅の思い出のスタンプラリー的なモノらしい。

水も補給できるのだが蛇口から出てきた水は茶色く濁り臭い。一口含んだら石油の匂いがして気持ち悪くなった(泣)

続々と後続の人達が到着し混雑してくる。

以前出た北アルプス山麓グランフォンドもそうだが、早めに着くとエイドは空いていて快適だ。

なので早めに休憩を切り上げ第二エイドに向かう。

嬬恋の第二エイド、東海大学の嬬恋研修センターらしい。建物の入り口でチケットを渡し、スリッパに履き替え食堂にて炊き込みご飯とナメコ汁をいただく。

靴を脱ぐエイドは初めてなので戸惑う(笑)補給が足りないと隊長がビスケットを買い、触発されてマカデミアチョコを買う。意外と量があり鼻血が出そうになる。

ここからノンビリと行くという隊長と別れ、来週のハルヒルのトレーニングを兼ねての強度アップライドを始める。

嬬恋はキャベツが有名で畑の農道を走る。道は段差があり荒れた場所ありで走り辛いが景色は良し。

 

再びヒルクライムが始まり群馬と長野の県境、地蔵峠にある第三エイドの湯の丸スキー場に到着。

スキー場のレストランにてカレーを食す。カレーは飲み物!!と実感しながら流し込む。

量は少ないが他の大会よりガッツリ補給してる気がする(笑)

半分過ぎた上に残りは下りと平坦と山場は越えた気がしていた。

顔が疲れてるね。。。。

峠からの下りはバイクを先導に一定グループにて下って行く。別なカテゴリーの選手も交わり10人程のグループにてダウンヒル。

バイク先導なので追い抜き禁止だが、後ろから乗用車に煽れれる。

仕方なしに速度を緩め先に行かせるが前の前の選手が左に寄らず渋滞となる。バイク先導なので仕方が無いが抜かせない車の人やバイカーの人達は相当イライラしていると思われる。

まあ、制限速度で走っているので問題無いとは思われるがクレームが入りそうだな〜などと考えながら走る。

バイクの先導が終わるとそれぞれのスピードで農道を走っていくが道が悪く一定間隔で段差があるので辛い。パンクする人が続出したらしい。

小諸市に入るとまた登りが始まった。

鬼のようなスピードで坂道を抜かれたので驚いているとゼッケンに小諸グランフォンドと書いてある。

別開催の大会が同じコースを走っているらしい。

第四エイドに到着、小諸グランフォンドエイドと書いてある。

コースミスしたのかとおっさん動揺。確認すると合同エイドとのことで問題なし、イチゴとお稲荷さんと持ちを貰う。ポニーがいるのでパチリ。

TuHlE80HQeW9NXxqJja5og

そそくさと出発するも気温がかなり高くなっていて暑い、慌ててレッグとアームウォーマーを脱ぐ。

軽井沢、嬬恋、小諸と抜け再び軽井沢へ、三つの市を跨いで走っているが車でもナカナカの距離。うーむロードバイク恐るべし。横浜から自走だし・・・・

軽井沢の別荘地を抜け、レストランやらカフェが増え始める。

やっぱりおしゃれだな〜などと考えてると第五エイド到着。羊羹を貰い残りも少ないので写真すら撮らずに出発。

軽井沢の街を抜けゴールを目指す、日曜日なので観光客が多く街道には他県ナンバーが多い。

走りづらいので全力で走りゴール!!

 

けんちん汁とオニギリを貰い、完走証明書を貰い休憩。5時間7分と早かった。同クラスの人が二人ほどなので5番以内に完走出来た模様。連日の走りでケツが痛く、首が痛かったので先にホテルに戻りシャワー浴びて一休み。

xWha2jfPTt+EDTM5ehX8pg

BJとTさんが同じタイミングで走っているらしいのでゴールまで迎えにいく。

丁度ゴールに間に合い写真を撮る。

Raphaのグループに人達もパチリ。

ついでにイベントを盛り上げてくれていたハイブリッ子ちゃんとパチリ。

スクリーンショット 2019-05-15 10.29.17AbJdjejHTEWIrhPj1lXV7A

結構エグいグランフォンドでしたが楽しかった。

帰りにTさんと長崎ちゃんぽんを食べてイベント終了。

さて、後は帰るだけとなった。

つづく

bikeportR.R

 

2日目草津温泉から軽井沢

疲れ果てたが、いつものような睡眠時間でスッキリ。肩と首が少し痛い。

渋峠への道が噴火の影響で通行止め

日本一高い国道に行きたかった〜などと嘘泣きをしながら地団駄を踏んでみた。

ゆっくり草津温泉観光して軽井沢に向かうかと思ったが、昨日のように時間がかかるかも知れんという事で余裕を持って9時に湯畑集合

一路、軽井沢へ42km、獲得標高900m弱と本番前日には丁度良い軽い距離。

少し登って昨日最期の休憩したセブンイレブンまでダウンヒル!!

ダウンヒルはBJが圧倒的に早い!!(笑)

ヒルクライムものんびりと進む

景色の良い場所でパチリ。

温泉の効能か、昨日の疲労は思ったより残っておらず、普通に登れるのが嬉しい。

2時間ほどで頂上に到着、初夏のような気持ちの良い季候、桜もまだ残っていて目を楽しませてくれる。

浅間山を横に抜け、この周辺が嬬恋エリアだと気がついて、改めて遠くまで来たなぁーと実感。

昨年、嬬恋のヒルクライムに参加しようかと迷ったが、少し遠いからとエントリーしなかった、そんなエリアまで自走で来てるし(笑)

前回八ヶ岳ヒルクライムも車で来たが遠いなぁーと感じてた。来週のハルヒルなんか手前だし(笑)

なんか距離への感覚が壊れていくなぁー

などと考えてるとオシャレな建物が立ち並び車が増えてきた。

昼過ぎに到着、北軽井沢を抜け

軽井沢駅前で蕎麦を食べ、3時前に大会会場に到着。ブースを眺め、アイスなど食べ受付時間まで時間を潰す。

受付が早いと出発出来る時間が早いと知ったのはこの時(笑)

あっという間に行列が出来たが第一ウェーブで出走出来るリボンをゲット!!

値段で決めたチサンインだったが、自転車室内持ち込みオッケーでアメニティも充実してる。設備も新しく壁や窓が厚く静かで良かった!!ローソンまで徒歩3分。我々の旅にはぴったりの宿。

早めに休憩して翌日本番に備えることとなった。

明日は荷物を置いて軽量で走れるのが嬉しい(笑)

続く

横浜から草津温泉 ロングライド初200km超え

ども、おっさんです。同僚の山神さんに

「軽井沢グランフォンドに出ませんか?」と誘われ快諾。

折角なので前々日に草津温泉まで自走して一泊し、翌日国道日本一標高の渋峠を登り軽井沢入りし一泊しグランフォンドに出て、もう一泊して自走で帰って来ましょう。との事。

深く考えず有給申請しホテルを予約し気がつけば前日。

イベント前日は興奮して寝付けないのが通例。なんだかんだで11時過ぎまで寝れず、寝付いたと思いきや0時には起きてしまい2回ほど目を覚まし3時前に起床。

3時半には出発!!少なくしたのにこの荷物!!   お、重い。

5時に多摩サイ二子玉近くでR隊長と合流予定

外は暗いが車が少なく快適。少し早めだったので二子玉駅前のすき家で玉ねぎばかりの豚丼を食べる。

5jGY2gNYQZu+tQJeAIX%NA

合流後そのまま多摩川を遡上しあきる野にて企画者の山神さんと合流。ここまでで60km弱。

b+c+0SUUSoeRftfL8v5k0A

次の待ち合わせポイントが8時に越生(おごせ)という駅なので多摩サイを離れトラックの多い16号を抜け八高線を遡る。

少し遅れて駅に到着、全身Raphaで揃えたBJと合流。カタログから飛び出して来たような格好良さ!!

今回の自転車は対坂道対策として46のギアを装着してきたとのこと。

ここまでで100km(笑)

草津へ向けてレッツゴー!! 来週はハルヒルなので榛名山を登るルートも検討したが、イベント前に死にますよ・・・と言われ迂回コースとなった。

ま、走ってたら死んでましたね。帰りに一人で登ったらいいんじゃないすか〜とも言われてましたが(笑)

八高線を遡りお茶畑を抜け気がつけば埼玉の端。カンカンに降り注ぐ太陽。気温は30度を超えてるとの情報。熱中症がやばい。慌てて日焼け止めを買い塗りまくる。

無理せずコンビニで補給と休憩を繰り返す。

昼過ぎに高崎に到着、高崎と言えばスパゲティー!!昨年のハルヒル前日に駅ビルで食べたかカツの乗ったミートソースが美味かったので皆で駅に乗り付ける。

9U6MmGr5RA+aCpXAoDbZeA

駐輪場に100円払って駅ビルに行くも昨年まであったパスタ屋が無い!!

どうやら撤退か潰れて別テナントになってしまったらしい。

折角なので本家のお店にて食べようと言うことになりシャンゴ問屋町本店に向かう。

Sで150g Mで200g Lが250 LLが300g

とロングライドしてきた我々には神からの供物のようなハイカロリーで絶品のパスタ!!

大満足で後半の登りに備える。高崎を抜けると一気に車へ減り。のんびりとサイクリングモード。

道の駅でソフトを食べ、コンビニで補給をしていると日が暮れ出した。

暑かった日中と違い日が陰ると気温がぐっと下がり出した。

草津温泉の道は遠い。

とっぷりと日が暮れ出しダムを抜ける道に行くも通行止め。出来るだけ登りを回避したルートにするも上手くいかない。

車道の路肩は狭く危険だが歩道が自転車用道路となっていて快適に走れる場所が多数。

ダムを抜けると不自然に綺麗な道と新しい住宅地が見えた、坂の手前のセブンイレブンで最後の補給。

さすがに疲れが顔に出てる、おっさん。

気温は10度近くまで下がり寒い。ここまでですでに200km超え、さすがにきつい。

時間が時間なのでそれぞれのペースで登り、草津温泉入り口にあるセブンにて待ち合わせとなった。

ダラダラと登りが続く。坂練してる身だがキツイ。ここまでキツイと笑うしかない。

後ろの荷物がグラグラ動くのでダンシングも出来ず、常に誰かに引っ張られてる感覚。

坂の途中にあったセブンイレブンに転がるように休憩。

VYKqv0ldTL+HyKW2mzd6VQ

し、死んでまう。ルートを確認するとまだ半分!!登りが続く。

坂が嫌いになるなあ〜マジで!!

インナーロウでキコキコ進みなんとか頂上らしき場所に出る、少し平坦が続き下り基調になった先に集合ポイントのセブンが見えた。

観光地なのでロゴや看板が茶色。先に到着してた隊長と一服。

しばらく待てど残り二人が到着しない、あまりに寒いので先にホテルに向かい待機。

自転車を倉庫に保管してくれたので一安心。しばらくして遅れたBJもなんとか到着したので草津温泉を満喫。

ここまでで240km 獲得標高も2700mとナカナカのライド。

 

スクリーンショット 2019-05-13 16.37.55スクリーンショット 2019-05-13 16.38.09

初日にして過酷過ぎたため、明日以降のスケジュールに不安を覚える。翌日の渋峠チャレンジよりものんびり草津温泉観光をしたい気分だった。

まあ、無事走れたし事故なく怪我なくよかったよかった。

つづく。

bikeportR.R

iso

相性なのか?!大雨の富士スプリングエンデューロレース

富士スプリングエンデューロ!!6時間エンデューロに二人組にて参戦!!オッさん最長記録挑戦!!

と結構無理目の挑戦であったのだが、4日程前に頼りにしていた相方の隊長より

「インフルエンザにより出場厳しい」

とのメッセージがあり、彼の力を借り上位入賞という目論見はご破算となった。。

ま、最悪一人でノンビリ走ろうかと考えたが、チームメイトに代走出来る人が居ればと相談したところシクロクロスメンバーのTさんが参戦表明してくれ6時間ソロは免れた。

1週間前の天気予報は晴れだったが、見る見る予報が変わり雨のち曇り午後より雷という最悪の天気予報に変わった。

家を出発時にかなりの雨が降って居たのでTさんの自宅まで迎えに行くことにした

早朝にも関わらず秦野ー厚木間で渋滞発生。遅め集合のチームメイトは間に合うのか?

雨がこのまま酷ければDNSもアリだなと話をしていたが、足柄付近で晴れ間が出てスタート時には路面も乾くのかな〜と淡い期待もしたりした。

8時過ぎに到着、ピットにテーブル椅子などをセットし受け付けをする。試走に出る。

路面は濡れているも水溜りなどは無く走りやすい。火曜日に富士スバルラインのヒルクライムをした際に全くパワーが掛からず2日休養をさせたので少し強めに踏み込む。

裏の上り坂も500wが出たので調子は良さげ。ガシガシ登れる。

ホームストレートから下りと平地が続き後半に上りが続く、もてぎもキツかったがそれ以上アップダウンがキツイ。

2周してピットに戻る。気温が7度と真冬並みの寒さなのでウェアリングに悩む。

遅れてチームメイト合流。総勢8名がエントリー IgNdbPClR0q2PhdOtwhO6g

開始時間が近づき、雲行きが怪しくなって来る。雨ならレインウェアを着たいしVeloTozeを装着したい、うーん迷う。雨が降り出したらピットに寄って着ようと決め、足はシューズカバーで良しとした。

スタート地点に移動する。中間地点に位置を取りスタートを待つ間にポツリポツリと降ってきた、慌ててピットに戻りレインウエアの上着だけ着る。チームメイトから走ると暑いですよと言われてたが、暑ければ脱げば良い。

TEAM MATRIXの監督やっさんの話に会場が沸く、

「お前らの行いが悪いんで雨が降るんやで〜お天道さまは見てるんや!!信号無視などしたらあかん!!」

等々笑いが絶えないお話。

うーん、八ヶ岳でも聞いたような〜、袖ヶ浦でも聞いたような〜、この話を聞いてる時は残念なお知らせばかりだな〜うんうん。matrix主催の大会でまともに走れた事無いな〜

うん、次回からエントリーの際には調べてmatrix主催の際には考えよう、

などと考えてるとスタート。

スタートして一周目にして大粒の雨が降り出す。ああああ。

集団走行で無理をせず中間にて様子見。2周目からスピードが上がる、先頭のペースに付いていけるが路面が濡れ腰から下が濡れ始め寒い。6時間の長丁場保つのか??

2周ほど先頭集団に付いて行くが3周目に裏の上りで遅れる。もてぎの時と同じ400wキープが厳しい。2番手集団がそこそこのペースで走って居たので加わり申し訳程度に先頭交代をする。

集団を引っ張っている山梨のチームの人とCloud9の人ともう一人が強い。上げ下げをせず一定のペースで走り続けるエンデューロ職人のようだ。

45分過ぎまで同調するも濡れた身体が冷えに冷え脹脛と左手親指が攣り出した。攣ってからが勝負と走り続けるも一向に回復する様子も無く痛みに耐えて走ることに。

途中マトリックスの佐野選手の後ろを走らせてもらったが、身体付きが競輪選手のようで驚いた。他の自転車選手とは別格のような身体だ。筋肉の塊のようだ。同郷なので密かに応援している、今年は更なる活躍に期待。

寒さに身体が震え出しヤバイと感じピットインし、相方のTさんにDNFにしましょうと提案するが折角来たのだから走るという事で大雨の中走り出した。

ずぶ濡れの靴を脱ぐと足さきが攣りガチガチと震えだす。さ、、、寒い。

濡れたウエアを脱ぎ、乾いたウェアに着替えるも震えが止まらない。キャプテンのDAIさんもピットインをしガチガチ震えたいた。足が攣り出しどうしようも無い状態との事。

オフィシャルの人が近寄り、暖房を付けた部屋で温まりなさいと声をかけてくれる。

ここで低体温者続出の為、2時間に短縮とアナウンス、あと30分程だ。

女子混合にエントリーしてたT君が頑張って居て4位走行中、3位まで20秒差。やるなあ〜

相方Tさんもリタイヤせず走り続けている、感謝感謝。順位は13位。おお意外に上位。

2時間経過し次々とゴール!! Tさんも無事ゴール!!

結果51チーム中13位!!

男女混合チーム見事逆転んし3位入賞!!おめでとう!!

雨の中お疲れ様でした!!片付けをして表彰式に参加。ゲスト参加していた56さんにご挨拶。明日は群馬でチャリダーの撮影なのだそうだ。山の神森本師匠も居たが声をかけられず。

抽選会を前に撤収!!

運転中睡魔に襲われ気を失いかけたので、休憩と補給を兼ね、

冷えた身体を温める為道中のラーメン屋にゴー!!

SfayaTDcTnWjwy+lw8UQsA

特性博多ラーメン!!

麺がほぐれていなかったのだが許す。暖かいから許す。生き返る〜!!

Tさんを送り届け、帰宅して風呂に入りテレビを見て気がつくと寝て居た。久しぶりに10時間以上寝続けた。

GWは仕事だが初日から寒さと雨にやられてスタートなった。

がチーム的には結果を残している良いレースだった?

T君Aさんおめでとう!!

bikeportR.R Iso

Long の筈が・・・

さて、休みはどこ走ろう??などと考えていると同僚からメッセージが来る。

「明日、Tさんと五日市方面で乗るけどいかがっすか?」的内容。自走してけばロングも出来るし山練もできる。11時に武蔵五日市駅に集合とのこと。

喜び勇んで参加メッセをし仕事に励むも、前日ハードに追いこんで喉を痛めたせいか喉の奥が痛くクシャミが連発する風邪か?? やばし!! 翌日起きた際の体調次第で決めよう。

警戒してた風邪では無かったようなので8時に出発、通勤ロードを走り多摩サイを二子玉川へ向かう。

桜は散ったが沿道には花が咲き乱れる、初二子玉のジャイアントストア。凄いロケーションにあるなぁ〜 ちょい先のグランドにて待ち合わせ。

9時半に隊長がやってきた、平地も坂道も速いオールラウンダー!!

彼からは走り方や機材の事など色々教わっている。師匠である。

隊長「ゆるぽたなんで、軽く行きましょう(笑)と言っている

だな!!と俺は感じていた。

彼とは何度も走っているが二人になると毎度毎度全開走行になり、足が攣る、落車する、オールアウトするを繰り返してきた。

前日届いたばかりのコンパクトギアと少し短くなったクランクの踏み具合が良いとの事。

ともあれ集合場所へ目指し走り出す、そこそこのペースで巡航。途中新しくサイクルステーションがオープンしていた。廃校になった校舎を利用し地元のロードレースチームが運営しているらしい。カフェやシャワーがあるので便利そう。

Ysロード隣のカフェが閉店してしまっていたので途中の多摩サイでの新しい休憩ポイントになるかも。

mytRDOTbRj2Fbo05H+iXFQ

3時間もあれば着くだろうなどと考えて居たが70km近い距離はさすがに厳しかった。10分程遅くれて到着。

仲間内では山神と呼ばれているTさんと合流。

山が近いとあきる野市に居を構え、近所の山を登りまくっている。

ヒルクライムでタイムばかり気にする自分に

「のんびり綺麗な景色を見るのが好きなんです〜」

と違う観点でヒルクライムの楽しさを教えてくれた山師匠。

と言いつつニコニコと笑いながらハイケイデンスで激坂を登っていく・・・・

 

楽しみにして居た五日市駅のパン屋も閉店していたのでセブンイレブンへ移動、補給をしながら近況報告などをし出発。山神にルートを任せ奥多摩方面へ。

気温が少し寒いせいか途中途中に桜が咲いている。登り基調でも結構なペース(笑)

何か大規模な工事をしているのか異様にダンプが多く路肩が狭い場所だと怖い。

吉野街道を奥多摩へ

初めて来た場所ながら、なんか見た事ある気がする。記憶を辿る。

あ〜出川哲郎の充電バイクの旅で通ったルートだ、小池知事と立ち寄ったかんざしの記念館を見て思い出した。

道の広さと田舎具合は房総の山とあまり変わらないが車は100倍走っていて、こじゃれたカフェやらレストランが100倍ある一大観光地なのだ。痩せても枯れてもこの地は東京都なのだよ。

御嶽のロープウェイの看板を抜けしばらくすると隊長の自転車から甲高い金属音と小さな悲鳴が!!

昨晩取り替えたクランクに合わせてチェーンをカットしてなかったのでジョイントが外れてしまったとの事。来た道を歩き落ちたジョイントを探す。

奇跡的にオスメス両方見つけたので仮繋ぎをし自転車屋に向けて下山。水曜日ということもあり近隣の自転車はどこもお休み。

空いて居た青梅駅周辺の自転車屋に寄るも10速までしか対応出来ないと言われる・・・い、今時10速までって・・・

線路を渡る際斜めの線路にタイヤが落ちて落車!!愛機初落車!!!

左足を車体に挟み込み車体は無事、代償に左足スネと尻の左側打撲、ズキズキと痛む。

幸い足は動くので某●サヒ自転車を目指す。以外と遠い、しばらく走っていると300m先に看板発見、信号で止まると真横に別な自転車発見。ロードも取り扱っている大きめのお店なので修理ができそう。チェーン交換をお願いをする、1時間の工程との事。補給と休憩を兼ね向かいのくら寿司にて昼食。

注文するものがハンバーガーやら味噌ラーメンなど回転すし屋とは思えないラインナップで腹を満たす。

腹は満たされ幸せ気分、が転んだ際の左足が腫れてきて痛い。ここまですでに95km、まあいい距離だわ。

という事であまり走って居ないTさんには申し訳ないがそのまま多摩川へ向かい帰宅と相成った。多摩川サイクリングロードの最上部であろう道を3人で進む。

 

5月の連休明けに、この3人➕ビッグオージーと自走にて草津〜渋峠〜軽井沢〜軽井沢グランフォンド参戦〜自走にて帰宅というクレイジーな企画を遂行する予定。道中にてトラブル発生もあり得るので携帯版のチェーンカッターを買おう、あとディレイラーハンガーも。ハルヒル前の走り込みになるかな〜笑 体調崩さなければ良いが・・・・

途中Tさんと別れ隊長と走る。足を痛めているにも関わらず隊長の鬼引き。富士スプリングに二人で参戦予定なので良い練習だ。アドレナリンが出て来てるのか足の痛みを忘れた。

二子玉手前で隊長と別れ一人帰路。さすがにハンガーノック気味になったのでコンビニで補給。

いつも通勤ロードを走るが、さすがプロペルは速い!!100km以上走っているのに計測ポイントにて最速を叩き出す(笑)

スクリーンショット 2019-04-19 23.06.05スクリーンショット 2019-04-19 23.06.38

新しいシートは痛みなく乗れたがエアロフォームに腕が窮屈なので少し後ろにする必要があるようだ。

シューズは問題なし一切の圧迫なく乗れる、若干サイズが大きいのが気になるが快適なので良しとしよう。

色々と勉強になるツーリングだった。

bikeport R.R Iso